器としての人体「個展」

人体で型を取り FRPやセメント素材で
花器を制作されるArtist  Shu konishi氏
の作品の
真っ白なオブジェの背中心に和歌を揮毫
致しました。

和歌の世界に 少しでも興味を持っていただけたらと、私が好きな和泉式部が波乱な人生の中 ある人を想い書いた歌を選びました。

人は誰しも経験があるように、時や人との関係性が常に移りゆく 無常観を感じて頂けたら
幸いです。


オブジェの制作者 Shu konishi 氏

珠夜 mojitsuzuri

0コメント

  • 1000 / 1000